懸賞/株

(感謝)本のご購入ありがとうございました。

懸賞/株

ラクマでのご購入ありがとうございました(感謝)。最近ご購入いただいた中から、『多動力』『本当の自由を手に入れる お金の大学』ついて、お礼と本のオススメポイントについて一言コメントさせていただきます。
 まず、『多動力』ですが著者はホリエモン。この時点でファンとアンチで分かれそうですが、本は各テーマごとに短く構成されておりますので、興味を持った部分だけでも、あるいは自分として共感できる部分だけでもご一読することをオススメします。個人的には「手作り弁当より冷凍食品のほうがうまい」という章になるほどと思いました。要は、時間は有限(=既製品を活用)、そして想いが込もったものが美味しいとは限らない(=過程ではなく結果重視)、というある意味シンプルな原則を表している言葉で言い得て妙、ただし使い方には注意(?)というのが感想でした。
 実はこの本、その作成過程こそが面白く、編集者の箕輪厚介氏がホリエモンと仕事をしたいと思い、考えついた策が「本人以上に本人になる」。つまり、これまでの発言をテーマごとに編集者がまず発言集としてまとめ、それから本人に本の出版を打診する(!)という目から鱗の仕事の仕方で、う〜ん、なるほど「逆転の発想」と思いました(漫画版『死ぬこと以外かすり傷』より)。

つぎに、『本当の自由を手に入れる お金の大学』についてです。これは率直にいい本です(笑)。コンセプトとしては、現状のまま=資産/収入は増えない、でも社会(学校教育を含め)では解決策は教えてくれないという問題設定があり、どうすればお金や生活に余裕のある生活を送れるかということが細かく記載されております。
根本的な問題はやはり知識不足で、解決策はもとより、自分が厳しい状況にあるのはわかるがその解決策が存在していることにさえ気が回っていないというのは、個人の考える力というより、やはり社会的な知識教育不足というのがあるのではないでしょうか。
フルカラーで読みやすい内容となっておりますので、ぜひ一度手にとってご覧になることをオススメします。本日もご一読いただき、ありがとうございました。

コメント