中学受験に向けた学習方法

【2022年度_高校家庭科】”リベ大”で大学入試対策!?

中学受験に向けた学習方法

家庭科に「資産形成」登場!

”金融リテラシー”アップが大学入試に直結?そんな日が来るかも(?)しれません。高校家庭科で金融関係の知識も学ぶというニュースが流れており、あの「投資信託」なども教科書で勉強するようです。より具体的には「資産形成」に関する知識を学ぼうということで、教育資金捻出がほぼ人生の目標になりつつある私にとって(笑)、耳寄りで高校で勉強したかった!と思わせるニュース。簿記の取得などコツコツ金融(FP)・会計系の勉強を続けておりますが、学んでも学んでも分からないことにぶち当たってしまうのは(泣)、それだけこの分野が奥深いという証左なのかも?しれません。

高校授業で来年度から「資産形成」、投資の知識を学ぶ理由は? 金融庁に聞く|学習と健康・成長|朝日新聞EduA
2022年度から、高校家庭科で「資産形成」の内容が必修化します。金融庁では出前授業を行うほか、クイズで楽しくマネーリテラシーを身につけられるサイトを公開するなど、積極的に取り組みを進めている模様。「子どもにお金の話はタブー」が変わりつつある理由とは。そして、気になる授業の中身とは。金融庁に聞きました。

テレビの替わりに、”リベ大”アニメ

中学受験にはあまり関係のないように思える高校家庭科の話。「投資信託」などお金関連のYoutube動画ということで”リベ大アニメ”をテレビ替わりに子供と一緒に見てました(=テレビが家にありませんので💦)。”内容は楽しいけど、さすがに中学受験に関係ないかも?”と娯楽と割り切って視聴しておりましたが、国語でも社会でも”お金”関連の話題は必出。社会では”衆議院の優越”ということで予算が関係してきますし、そういった分野に子供に興味をもたせてくださったという意味でも、受験にお役立ちの教材なのかも?と思います。

リベ大の両学長に、”大学受験や中学受験に関する動画作成もお願いします🙇‍♀️”とコメントさせていただく日もそうは遠くないのかも?しれません。なお、家庭科で習う予定の”投資信託”については、ジュニアNISAで購入可能で、今回中学受検に挑戦した子供も自分の口座で少額購入しております。ちなみに投資信託に対する本人(小6)の感想は、”ふ〜ん”と特に無反応(泣)。本人的には”宝くじで10億円が当たる!”といった話のほうが食いつきがよいようでした笑。

本日もご覧いただき、ありがとうございます🙌 なお現在ブログ毎朝7:00に記事更新しよう運動(?)に参加中59日目です♪( ´θ`)ノ 今日もご覧いただき、ありがとうございました(感謝)。

コメント