つぶやき

【2022年】ノーベル賞の発表が近づいてきた

つぶやき

いよいよ、この季節

秋も深まり、早朝の寒さが厳しい北海道。この季節、”食欲の秋”にふさわしく、北海道では秋鮭といった海産物なども美味しく、今週末は「石狩さけまつり」も開催されます(9月24日〜25日@石狩市。石狩市役所ウェブサイトはこちら)。

そして、この季節、どうしても気になってしまうのが”ノーベル賞”の発表。NHKのニュースなどで、授賞者が発表されるたびに、”ああ、もう10月なのね🙂”と時の経つ早さを実感。それもあって、ここ数年は、事前にノーベル賞の発表時期を把握しているようにしています。そうしないと、”ヤバい、、今年も残すところ、あと数ヶ月💦”。と妙な焦燥感を覚えるようになりました。う〜ん、10代〜20代の時はそんなことはなかったのに。そんなこともあって、調べた日程がこちら ♪( ´θ`)ノ

日時(日本時間)
1ノーベル生理学・医学賞2022年10月3日(月)18時30分
2ノーベル物理学賞2022年10月4日(火)18時45分
3ノーベル化学賞2022年10月5日(水)18時45分
4ノーベル文学賞2022年10月6日(木)20時00分
5ノーベル平和賞2022年10月7日(金)18時00分
6ノーベル経済学賞2022年10月10日(月)18時45分
ノーベル財団のホームページを参照

どの賞も気になりますが、今年も一番の関心は、「ノーベル文学賞」。『羊をめぐる冒険』の舞台が北海道ということもあって、村上春樹さんが授賞するかは、”ハルキスト”ではなくても、北海道民としては気になるところ。じっさい、発表が近くなると関連のニュースも流れるようになりますので。

Prize announcement dates
Prize announcement dates

北海道が輩出した、ノーベル賞授賞者

もう1名、北海道関連では、鈴木章先生。故郷のむかわ町には、鈴木章記念ギャラリーが設置されたようです(むかわ町ウェブサイトより)。2010年にノーベル化学賞を受賞された時は、北海道でも大騒ぎ(^o^) あれから、もう10年以上が経つと思うと、ホント時が経つのは早い!と思ってしまいます💦

今年も残り3ヶ月強となりましたが、なんとか💦ブログの発信内容をグレードアップできるよう、コツコツ更新を続けようと思います。

本日もご覧いただき、ありがとうございます🙌 なお現在ブログ毎朝7:00に記事更新しよう運動(?)に参加中304日目です♪( ´θ`)ノ 今日もご覧いただき、ありがとうございました(感謝)。

スポンサーリンク
シェアする
ありがとうXありがとうをフォローする
ありがとうXありがとう

コメント

▶︎ For non - native Japanese speakers ♪( ´θ`)ノ