北海道観光

【本のオススメ】正解がない時代の親たちへ

北海道観光

経験泥棒になってはいけない

『正解がない時代の親たちへ』(おおた としまさ さん)の本を拝読。中学受験と言えば、この方、そう、おおた としまさ さん。大学受験にも詳しく、本が出版されるたび、いつも手にとって、新しい知識をいただいております(^o^) 今回は2021年9月とちょっと前の本。実はこれまで読んでおらず、先日拝読。子供の失敗を親が盗んではいけない=失敗から学ぶという機会を子供から奪ってはいけないという「経験泥棒」など、強く心に残るフレーズが多数!開成中高の先生がおっしゃったこの言葉を詳しく紹介されておりました。なるほど〜、と普段の生活でも取り入れてみようと思います(感謝)。

志望校泥棒もよくない

この「経験泥棒」、よくやってしまいます💦 ”現在進行形”としてのこの失敗。う〜ん、これから気をつけようと思います(泣)。ちなみに”◯◯泥棒”ということで連想されるのが、志望校を泥棒すること。このようなことを他の本でおっしゃっていたかも?と思いますが、志望校を親が決めたがるけれど、実際に通学するのは子供。当たり前だけど、忘れがちな”子供の視点”というのを志望校選びの際には大切にしたいものです(自戒の意味を込めて)

可能性泥棒はもっとよくない

ちなみに、個人的には、子供の可能性を奪うのが一番よくないかも?と思っております。”可能性泥棒”とまとめられるのかも?しれません。”うちの子は、◯○だから、、”と子供に否定的な(ネガティブな)言葉を投げかけないように、と気をつけております。ついつい口から出そうになりますが(泣)、”木の上に立って見る”のが”親”とも言われますので、可能性を狭めることがないよう、楽しくそっと見守ろうと思います。

本日もご覧いただき、ありがとうございます🙌 なお現在ブログ毎朝7:00に記事更新しよう運動(?)に参加中180日目です♪( ´θ`)ノ 今日もご覧いただき、ありがとうございました(感謝)。

スポンサーリンク
シェアする
ありがとうXありがとうをフォローする
ありがとうXありがとう

コメント

▶︎ For non - native Japanese speakers ♪( ´θ`)ノ