つぶやき ( ^∀^)

【和訳!?】Japan should cut its losses and tell the IOC to take its Olympic pillage somewhere else

つぶやき ( ^∀^)

ワシントンポスト紙

ニュースでも話題。Sally Jenkins氏による記事です。Google翻訳をもとに日本語で理解してみようと挑戦中です(赤字部分が追記)。

https://www.washingtonpost.com/sports/2021/05/05/japan-ioc-olympic-contract/

第1段落

Somewhere along the line Baron Von Ripper-off and the other gold-plated pretenders at the International Olympic Committee decided to treat Japan as their footstool. But Japan didn’t surrender its sovereignty when it agreed to host the Olympics. If the Tokyo Summer Games have become a threat to the national interest, Japan’s leaders should tell the IOC to go find another duchy to plunder. A cancellation would be hard — but it would also be a cure.

どこかで、国際オリンピック委員会のミスターペテン師と他の金メッキの偽装者は、日本を彼らの足台として扱うことに決めました。しかし、オリンピックの開催に合意したとき、日本は主権を放棄しませんでした。東京夏季オリンピックが国益を脅かすものになった場合、日本の指導者たちはIOCに略奪する別の公国を探しに行くように指示する必要があります。キャンセルは難しいでしょうが、それは治療法でもあります。

第2段落

Von Ripper-off, a.k.a. IOC President Thomas Bach, and his attendants have a bad habit of ruining their hosts, like royals on tour who consume all the wheat sheaves in the province and leave stubble behind. Where, exactly, does the IOC get off imperiously insisting that the Games must go on, when fully 72 percent of the Japanese public is reluctant or unwilling to entertain 15,000 foreign athletes and officials in the midst of a pandemic?

ペテン師、別名IOCのトーマス・バッハ会長とその付添人は、州内のすべての小麦の束を消費し、刈り株を残しているツアー中の王族のように、ホストを台無しにするという悪い習慣を持っています。パンデミックの最中に日本の国民の72%が、15,000人の外国人アスリートや役員を楽しませることに消極的または不本意である場合、IOCは、大会を継続しなければならないという傲慢な主張をどのタイミング引っ込めることになるでしょうか

第3段落

The answer is that the IOC derives its power strictly from the Olympic “host contract.” It’s a highly illuminating document that reveals much about the highhanded organization and how it leaves host nations with crippling debts. Seven pages are devoted to “medical services” the host must provide — free of charge — to anyone with an Olympic credential, including rooms at local hospitals expressly reserved for them and only them. Tokyo organizers have estimated they will need to divert about 10,000 medical workers to service the IOC’s demands.

その答えは、IOCはオリンピックの「ホスト契約」から厳密にその力を引き出しているということです。これは非常に明確な文書であり、高圧的な組織と、それがホスト国に壊滅的な債務をどのように残しているかについて多くを明らかにしています。 7ページは、主催者がオリンピックの資格を持っている人に無料で提供しなければならない「医療サービス」に捧げられています。東京の主催者は、IOCの要求に応えるために、約10,000人の医療従事者を転用する必要があると見積もっています。

第4段落

Eight Olympic workers tested positive for the coronavirus during the torch relay last week — though they were wearing masks. Less than 2 percent of Japan’s population is vaccinated. Small wonder the head of Japan’s medical workers’ union, Susumu Morita, is incensed at the prospect of draining mass medical resources. “I am furious at the insistence on staging the Olympics despite the risk to patients’ and nurses’ health and lives,” he said in a statement.

先週の聖火リレーで、8人のオリンピック労働者がコロナウイルスの検査で陽性でしたが、マスクを着用していました。日本の人口の2パーセント未満が予防接種を受けています。日本の医療従事者組合の長である森田進が、大量の医療資源を枯渇させる可能性に激怒しているのも不思議ではありません。彼は声明のなかで、「患者と看護師の健康と生命へのリスクにもかかわらず、オリンピックの開催を主張することに激怒している」と述べた。

第5段落

Japan’s leaders should cut their losses and cut them now, with 11 weeks left to get out of the remainders of this deal. The Olympics always cost irrational sums — and they lead to irrational decisions. And it’s an irrational decision to host an international mega-event amid a global pandemic. It’s equally irrational to keep tossing good money after bad.

日本の指導者たちは、この取引の残りの部分から抜け出すために残り11週間で、損切りを行い、今すぐ中止する必要があります。オリンピックは常に不合理な金額を要します-そしてそれらは不合理な決定につながります。そして、世界的大流行の中で国際的なメガイベントを主催することは不合理な決定です。悪い後も良いお金を投げ続けることも同様に不合理です。

第6段落

At this point, money is the chief reason anyone is even considering going forward with a Summer Games. Japan has invested nearly $25 billion in hosting. But how much more will it cost to try to bubble 15,000 visitors, with daily testing and other protocols, and to provide the security and massive logistics and operating costs? And what might a larger disaster cost?

この時点で、誰もが夏季オリンピックを進めることを検討している主な理由はお金です。日本はホスティングに250億ドル近くを投資しています。しかし、毎日のテストやその他のプロトコルを使用して15,000人の訪問者をバブルし、セキュリティと膨大なロジスティクスおよび運用コストを提供しようとすると、どれだけのコストがかかりますか?そして、より大きな災害コストは何でしょうか?

第7段落

Suppose Japan were to break the contract. What would the IOC do? Sue? If so, in what court of justice? Who would have jurisdiction? What would such a suit do to the IOC’s reputation — forcing the Games in a stressed and distressed nation during a pandemic?

日本が契約を破ったとしよう。 IOCは何をしますか?訴える?もしそうなら、どの裁判所で?誰が管轄しますか?そのような訴訟はIOCの評判にどのような影響を与えるでしょうか。パンデミックの最中に、ゲームをストレスと苦痛を伴う国に追いやることになるのでしょうか。

第8段落

Japan’s leaders have more leverage than they may realize — at the very least, they are in position to extract maximal concessions from the IOC for hosting some limited or delayed version of the Games, one more protective of the host.

日本の指導者は、想像以上の力を持っています。少なくとも、制限付きまたは遅延バージョンのゲームをホストするために、IOCから最大限の譲歩を引き出す立場にあり、ホストをもう1つ保護します。

第9段落

The predicament in Tokyo is symptomatic of a deeper, longer-lasting illness in the Olympics. The Games have become a to-the-very-brink exercise in pain and exhaustion for everyone involved, and fewer countries are willing to accept these terms. Greed and blowout costs have rendered it an event that courts extreme disaster. In September, a report out of Oxford University’s business school found that the IOC has consistently “misled” countries about the risks and costs of hosting. Example: The IOC pretends that a contingency of about 9.1 percent is adequate to cover unforeseen expenses.

東京の窮状は、オリンピックでのより深く、より長く続く病気の兆候です。大会は関係者全員にとって苦痛と倦怠感の危機に瀕している運動になり、これらの条件を受け入れることをいとわない国は少なくなっています。貪欲と爆発のコストは、それを極度の災害に対処するイベントにしました。 9月、オックスフォード大学のビジネススクールからの報告によると、IOCは、ホスティングのリスクとコストについて一貫して各国を「誤解」させてきました。例:IOCは、約9.1%の不測の事態が予期しない費用をカバーするのに十分であると主張しています。

第10段落以降

The true average cost overrun on a Summer Games? It’s 213 percent.

The IOC understates these risks for a reason: because fewer and fewer countries want to do business with it after seeing all the pillage.

The IOC intentionally encourages excess. It mandates elaborate facilities and events for the sake of revenue, most of which it keeps for itself while dumping the costs entirely on the host, which must guarantee all the financing. The IOC sets the size and design standards, demands the hosts spend bigger and bigger — against all better judgment — while holding close the licensing profits and broadcasts fees. Tokyo’s original budget was $7 billion. It’s now four times that.

(abbreviate)

All of this should empower Japan’s leaders to do whatever is best for themselves and their own people. When the Games reasonably could be portrayed as a source of international tourism revenue, perhaps some of the expense could be justified. But now the costs to the Japanese people run much deeper than financial. If ever there was a time and place to remember that the IOC is a fake principality, an oft-corrupt cash receptacle for peddlers with pretensions of grandeur, this is it. The IOC has no real powers, other than those temporarily granted by participant countries, and Japan owes it nothing. A cancellation would be painful — but cleansing.

夏季オリンピックの真の平均コスト超過? 213パーセントです。
IOCは、これらのリスクを過小評価しています。理由は、すべての略奪を見た後、IOCと取引をしたい国がますます少なくなっているためです。
IOCは意図的に過剰を奨励しています。それは収入のために精巧な施設とイベントを義務付けており、そのほとんどはホストに完全に費用を投じながらそれ自体を維持し、それはすべての資金調達を保証しなければなりません。 IOCは、サイズと設計基準を設定し、ホストがライセンスの利益と放送料金を厳しく保ちながら、すべてのより良い判断に反して、ますます多くを費やすことを要求します。東京の当初の予算は70億ドルでした。今ではその4倍です。
(中略)
これらすべてが、日本の指導者たちに、自分たちと自分たちの国民のために最善を尽くす力を与えるはずです。大会が国際的な観光収入の源として合理的に描写されることができれば、おそらく費用のいくらかは正当化されるかもしれません。しかし、今では日本人の費用は経済的よりもはるかに深刻です。 IOCが偽の公国であり、壮大なふりをしている行商人のためのしばしば破損した現金容器であることを覚えておく時間と場所があったとしたら、これはそれです。 IOCには、参加国から一時的に付与された権限を除いて、実際の権限はなく、日本には何の義務もありません。キャンセルは苦痛ですが、クレンジングです。

コメント