つぶやき

【北海道弁】“ゆるくない”試験、結果は“なんもなんも”(笑)

つぶやき

外国人向け北海道弁講座

北海道の方言」です。北海道外国人相談センターウェブサイトに説明が記載されておりました。聞いたことがあるものも、聞いたことがないものもあります。きっと、地域と人によって使い方には差があるのかも?と思います。

ここら辺の言葉を特によく聞くかも?ということでご紹介。雪が舞う北海道の冬にぴったりの語彙が多いイメージです。真冬の寒さを表す単語としては、”しばれる”というのが体感的にもぴったりくるので方言の魅力と不思議さを感じます(個人的には次のとおり解釈)。

  • しゃっこい=冷た〜い⛄️というイメージ
  • したっけ=(離れる際、別れる際に使う)”さよなら”の意味
  • しばれる=体の芯から冷えている、というイメージ
  • なんもなんも=大丈夫、大丈夫 (^o^)、というイメージ
  • ゆるくない=簡単ではない、というイメージ
  • ゴミステーションにゴミを投げる=ゴミを捨てるの意味
北海道の方言|くらしのガイド|公益社団法人 北海道国際交流・協力総合センター

方言で応援

そんな北海道弁。なんとも言えない、ほっこりとした温かさが魅力。中学校の小テストに定期試験と、ちらっと内容を見ると難しい!の一言。”ゆるくない”という言葉がまさにぴったりとくる内容(笑)

最近受けた定期試験についても、勉強の成果が出た部分もある一方、”あと一歩”という部分も少なくなく(泣)、”なんもなんも”という言葉をかけたくなります。”したっけ、次に向けて、勉強するしかないっしょ (*´∇`*)” と、間違った部分をコツコツ復習しようと思います。

本日もご覧いただき、ありがとうございます🙌 なお現在ブログ毎朝7:00に記事更新しよう運動(?)に参加中219日目です♪( ´θ`)ノ 今日もご覧いただき、ありがとうございました(感謝)。

【感謝】スポンサーリンク
シェアする
ありがとうXありがとうをフォローする
ありがとうXありがとう

コメント